足の歪みが健康をゆがめる ①足もとを固めよう

あなたの足は大丈夫?

足から健康に! 本格的! 足もみ療法の足健導そくけんどうです!

ブログを見ていただきありがとうございます。

こんにちは足健導の尾崎博之です。


本日のテーマは  ①足もとを固めようです。

( シリーズで数回に分けて記載いたします)


これだけ科学と医学が発達した現代でありながら、

今ほど健康に自信のある方が少ない時代はありません!

たしかに現代の医学は、数十年ほど前までは死に至る病として恐れられていた

いくつもの病気を、薬や外科的処方を用いて治すことができるようになりました。


しかしその反面、はっきりと自覚症状というほどのことではないけれど、どことなく調子が悪い、身体が重い、偏頭痛がするといった不定愁訴(ふていしゅうそ)に悩まされている人々のなんと多いことでしょう。


このような「病気でもなく、健康でもない」という中途半端な健康状態の蔓延化は深刻な問題だけではなく、それが肉体的にも精神的にも過剰なストレスにさらされる現代社会においては決して自分だけではなく誰にでもある当たり前の症状と考えられていることは悲しいことでもあります。



あなたは本当に健康ですか?


●あなたは肩こりに悩まされていませんか?


●四十肩、五十肩だから年だからとあきらめていませんか?


●目の疲れはどうでしょう?めがしょぼしょぼする、いつもめが腫れぼったい気がするという自覚症状はありませんか?


●特に女性にとって美容の大敵として敬遠される・・ 便秘でお困りではありませんか?


●その他重苦しい腰の痛みや倦怠感を感じたりなんとなく疲れやすくなったという自覚はありませんか?


どの問いかけにも自信をもってNOと答える方は一人もいらっしゃらないのではないでしょうか? 



肩こり、腰痛、目の疲れは足の矯正で治る


ではこのような自覚症状に悩まされたとき、皆さんはどの様に癒しておられるのでしょうか?


マッサージや鍼灸、あるいは整体などの治療を受けていらっしゃるでしょうか?


このような治療や休養はこれらの症状を和らげるものとしてとても効果があるものです。


皆さんもマッサージを受けたり自分でたたいたり揉みほぐしたりすることで不快なその症状がスーッと退いていくことを体験されていることでしょう。


自覚症状のある患部に直接刺激を加えることによって治療することはたいへんわかりやすいことではあります。


ですがこうした症状を訴えてこられる方に対して私は常々こう言っています。


肩こり、腰痛、目の疲れなど、慢性的に悩まされている症状のほとんどは、足元のゆがみを矯正することで根本から治すことができます。


現代病と姿勢の因果関係


こう言うとほとんどの方が驚かれます。自分が不快感を抱いている肩、腰、目なのにそれらの幹部とは遠く離れ、しかも一見して何の関係もないように思われる足を矯正することが根本的な治療になるのかといぶかしく思われるのでしょう。


しかしこれは明確な因果関係があるのです。


そもそもこれらも慢性的な現代病はどうして生まれるのでしょうか?


これらは強度の労働や無理な姿勢の持続、過度の運動でも起こりますがこうした一時的な身体の酷使以外で大きな原因となっているのが現代人の姿勢の悪化です。


人間の身体を支える背骨は横から見ると上半身の力が一気に腰にかからないように緩やかなS字形になっていますがS字形のバランスを保つために腹筋や背筋、尻の殿筋といった筋肉が背骨を前や後ろから支える構造になっています。


ところが姿勢が悪くなると骨盤や背骨がゆがみそれを支える腹筋が衰えて腰に大きな負担をかけます。これが慢性的な腰痛と原因となるのです。


腰痛ばかりではありません!姿勢の歪みは肩へも及び、こちらは肩こりの自覚症状となってあらわれます。人間の身体は自然とバランスをとろうとする性質を持っていますが、最初は小さな歪みでもその歪みを他の部分で修正することで、歪みを修正するそのため歪みがゆがみを生み、しらずしらずのうちに波紋してしまうものです。



足の歪みは万病の元だった。


では、どうして姿勢が悪くなったのでしょう。結論から言うと足元が歪んでいるからなのです。


足は身体を支える土台の役割を果たしています。土台が歪むと身体が傾 いてしまい、それをカバーしようとして腰が傾きその影響を受けてさらに肩がそして首が傾くという。


「歪みの連鎖反応」を招きます。


こうなると直立した姿勢が正しく保てなくなってしまうだけではなく、この歪みが原因で腰痛、肩こりをはじめ、膝の痛みや頭痛、疲れ目などの、全身にさまざまな異常が現れるのです。


まさに「足元の歪みは万病の元」と言ってもけして過言ではではないでしょう。


このことは最新の化学でも「スタシオロジー」身体静止学として学問的に確立されています。


またこの様な足の歪みと健康の関係がこれまであまり語られてこなかったことは残念なことでもあります。


「足元を固める」 ことの意味



よく格言に「足もとを固めよう」というのがあります。事を成すには、まずもっと肝心な土台をしっかりさせようという意味ですがこれは健康そのものにも当てはまります。


足もと・・ 文字通り 健康の土台となる足をしっかりさせることによって人は真の健康を手に入れそして初めて大事を成せるのです。


健康ひいては足もとをおろそかにしたまま何かを成すにはどうしても気力に頼らざるを得ません。「気力を尽くす」と言うととても良い言葉のように響きますが残念ながらこれは持続力がありません。


皆さんも足もとを固めて健康を増進させましょう。



足もみ療法 足健導は整足Ⓡです。


今回のブログ内容は私の師であります、鈴木裕一郎氏の足もみ革命から抜粋させていただました。


最後までお読み頂きましてありがとうございます。


※来月の6月8日~14日は臨時休業させていただきます。


「いいね!」 「シェア」 「フォロー」 誠にありがとうございます。


皆さまとの出会いに感謝いたします。


恥ずかしがらずに 「いいね」 してくださいね!

(いいね ボタンは一番下にあります)

読者登録 なう 大歓迎です。

足や靴についての講演・イベントのご依頼がございましたら足健導までお問い合わせください

Copyright © 2016 足もみ療法 足健導





#松山市 #整足 #介護 #外反母指健康 #ひざ痛 #冷え性 #足のむくみ #足裏マッサージ #足つぼ #リフレクソロジー #フットケア #訪問マッサージ #フットマッサージ #自然治癒力 #自然治療力 #歩き方 #股関節 #健康寿命 #介護予防 #高齢者 #足首 #足の悩み #足が痛い #高齢者 #高齢者住宅 #老人ホーム #妊婦さん #妊産婦 #妊婦 #足がつる #こむらがえり #靴 #靴選び #足育 #足もみ #足健 #足の病気 #免疫力 #愛媛県 #松山で足もみなら足健導 #在宅 #訪問 #マッサージ #出張 #足の健康 #足もみ効果 #足の不安 #杖 #車いす #足のケガ #静脈瘤 #Dr フット #本格的 #介護 #介護予防 #寝たきり #散歩 #足のトラブル #O脚 #X脚 #セルライト #冷え性 #足が冷える #インソール #中敷き #フットドクター #あなたの足は #大丈夫 #元気 #松山 #健康靴 #ウォーキング #登山 #スニーカー #ウォーキングシューズ #メディカ #母子箱 #メディカル #和らぎ #症状改善 #代替医療 #ホリスティック #健康関連 #怪我 #予防医療 #足医学 #老人 #デーサービス #アライメント #身体の歪み #膝 #愛媛県 #足のトラブル #健康増進 #西洋医学 #東洋医学 #中国式 #台湾式 #若石式 #観趾法 #足の先生 #婦人科 #整体 #整骨院 #鍼灸院 #

0コメント

  • 1000 / 1000

松山市 整体 足もみ療法整体院 足健導 松山店 (訪問 出張)

中国式足もみ療法の観趾法と整体を訪問で施術させて頂いております。 身体の異常や変調は必ず足に表れます。 足は健康のバロメーターであると同時に全身に働きかけて体調を整える偉大な力を秘めています。足健導はこの力を利用して病を癒す安全な健康法です。個々の足と身体の状態、症状に合わせた最適なケアと治療法をご提案いたします。 ※通常の整体院とは異なり必ず足から始める特殊な整体院です。