お子様の足と靴について・・



あなたの足は大丈夫?


足から健康に! 本格的! 足もみ療法の足健導(そくけんどう)です


ブログを見ていただきありがとうございます。


こんにちは足健導の尾崎博之です。


皆さまゴールデンウイークをエンジョイされていますか?


昨日は仕事で内子町まで行って来たのですが・・・


日焼けしていました。


本日のテーマは


お子様の足と靴についてお話しさせていただきます。


Q お子様の足は一年の中でいつごろが一番成長するでしょうか?


A 実は、春から夏にかけて一番成長すると言われております。


暖かくなり外出して歩く時間も多くなりますね!


足が成長する時期に、外出したり運動したりで足に刺激をあたえることはお子様に非常に大事なことです。

その大事な足を守るのも、痛める場合があるのも靴なのです。


靴選びは非常に大事です!


でもママ・パパはお子さんの靴を購入する時には悩みますね~


そこで上級シューフィッター24年の経験がある私から、アドバイスを書かせていただきます。


① 靴を購入する際には必ずお子様も同伴でお願いします。

(必ずためし履きをしてください。前の靴と同じだからOKは通用しません)



② デザイン・キャラクターで選ばない!

(大人の靴と同様に万人向けの靴はありません。足に合った靴が1番です)



③ たとえばA社の靴が以前子供に履かせてすごく良かったとします。

  でも A社さんの靴のデザインは何種類ありますか?

  スニーカータイプ、サンダル、水遊び用、その他いろいろございます。

  A社の靴でもデザインや用途によりサイズが変わります=履いて良いもの悪いものがあります



④ 靴合わせのポイント


・お子さんの足の特徴を知る (足が細い、横幅が広い、足指が長い、かかとが細い)


・先ず足の特徴に近いデザインを選びます。


・すぐに足が大きくなるからと大きい靴を選ばない。

    (ジャストサイズを購入)


・必ず中敷きが入っており取り外しできる物が理想です。

(子供はよく汗をかきます。中敷きは定期的に取り外して水洗い)


・中敷きはカップインソール(足を包み込む形状)が理想です。

平らな中敷きは履いても良いが長歩きはNGであるのと靴の中で足がスライドしやすい。

幼稚園などの指定の上履きも足の健康を考えると推奨できません!


・デザインが決まったら必ず両足履かせて歩かせてみます。

 (歩いている時にかかとがスライドする物はNG)


・あとは親御さんが

つま先に余裕があるか?(捨て寸)

土踏まずの部分が足と靴で合っているか?

甲の高さは合っているか?

     

横幅がきつくないか? 緩くないか?

     

足首はマジックテープ(紐)でしっかり固定されているか?


以上をチェックしてください。


⑤ 最後はお店の店員さんを呼んでフィッティングを見てもらう


ただ靴屋の店員さん皆さんが靴に詳しい知識があるわけではありません


アルバイトさんが多いです。なので店員さんにこれでサイズ大丈夫ですか?


と聞きOKをもらったら購入する。


ただしその際に店員さんに、もし履いていて何か問題があればお取替え調整などしてもらえることを確認してください。


だって店員さんが大丈夫と言ったのですからお店に責任が発生します。


⑥ 購入して帰ったら 外で履かせる前に家の中で履かせて様子をみる。


きつい、ゆるいの問題があればお店で交換してもらう。


大丈夫なら外におろす。


※普段のお子様の靴チェックは2週~3週間に1度サイズアウトしていないか確認しましょう。


最後までお読み頂きましてありがとうございます。


「いいね!」 「シェア」 誠にありがとうございます。


皆さまとの出会いに感謝いたします。


恥ずかしがらずに 「いいね」 してくださいね!


(いいね ボタンは一番下にあります)


読者登録 なう 大歓迎です。


足や靴についての講演・イベントのご依頼がございましたらお問い合わせください。


0コメント

  • 1000 / 1000

松山市 整体 足もみ療法整体院 足健導 松山店 (訪問 出張)

中国式足もみ療法の観趾法と整体を訪問で施術させて頂いております。 身体の異常や変調は必ず足に表れます。 足は健康のバロメーターであると同時に全身に働きかけて体調を整える偉大な力を秘めています。足健導はこの力を利用して病を癒す安全な健康法です。個々の足と身体の状態、症状に合わせた最適なケアと治療法をご提案いたします。 ※通常の整体院とは異なり必ず足から始める特殊な整体院です。